行動指針/conduct Code | #HappyClover~小さな幸せ&気付くことの幸せ

「 行動指針/Conduct Code 」一覧

忙しさに流されていると時間も惰性的にドンドン流れていく… 意識的・積極的に自分から時間を作って行動していくことにより、必然的に自分の想いの実現が可能になる★「幸運は待っているだけでは訪れず自分から導くもの」

「もしも〇〇だったら…」

「もしも〇〇だったら…」

質問力を磨くことで、初対面でも相手の性格・思考回路・人間性のほか、意欲・関心度・精神状態なども見えてくるところがある。それは、意図を持って投げかけた質問をどのように汲み取っているかが回答に表われてくるから。「聞き上手」な人というのも関連するように思う。

「終わり良ければすべて良し」

「終わり良ければすべて良し」

最後に何かトラブルが発生すると、楽しかったイベントも全体が悪いイメージに… 最後に何かポジティブが発生すると、退屈だった時間も全体が良いイメージへと変わる。だから「終わり良ければすべて良し」~最後の部分に力を注いで良い形で締める意識があらゆる場面で大切。

疑い過ぎることの弊害

疑い過ぎることの弊害

疑う・慎重になる姿勢ばかりだと、せっかくの素敵な出逢いを見逃す場合も…だから人・物を見る目を磨く姿勢が大切。「そんなうまい話があるはずない」が詐欺を避けるキーワード。でも人間心理として「そうあればいいなぁ」という願望から積極的に信じがちになるので要注意!

更なる成果を上げるには…

更なる成果を上げるには…

日本人は残業や休みを取らないことに美学を感じがち。でも、成果を上げ続けるには休息にも積極的でないと心身疲労・集中力も途切れて必然的に効率が下がる… 恋人は「仕事」ではなく、やっぱり「人間・趣味」などであるべき。それが公私両面にさらなる活力も与えてくれる。

言い訳・負け惜しみの合理化

言い訳・負け惜しみの合理化

トラブル発生時の原因究明は重要。それは責任追及という意味ではなく再発防止という観点。過去を変えることはできないが、自分の意識を変えることは即実行可能。すなわち…「ピンチはチャンスの到来」と前向きに捉えれば、嫌な思い出を糧に成長した自分を創出できるはず。

好きなタイプの定番「優しい人」

好きなタイプの定番「優しい人」

私なりに思う「優しい人」の定義は… 労苦と感じずに周りの人を元気にできる人。基本的には誰に対しても同じ優しさで接する感覚だが、特に大切な人に対しては「厳しさ」が付加される時も。それは「愛」の表現の1つで、さらに上のレベルの特別な優しさと言えるように思う。

「親しき仲にも礼儀あり」

「親しき仲にも礼儀あり」

距離が近いほど堅苦しく考えるべきではないとは思うが、仕事においては特に「親しき仲にも礼儀あり」。それがなければ「甘え~大目に見てもらえる」といった意識が慢性化して「なぁなぁ」の関係に陥るわけで、「イザという時に協力してもらえる信頼関係」として捉えるべき。

書くこと~ブログのススメ

書くこと~ブログのススメ

理解しているつもりでも、実際には十分に理解できていない場合も多い… そこで「書く」ことの有益性。プレゼンをするつもりで書き出してみると、曖昧にしか理解できていない部分が明確になる。「人に見られることで綺麗になる」という効果が加わるブログの活用もおススメ。

恋をすると綺麗になる

恋をすると綺麗になる

「人に見られることで綺麗になる」と同様の効果として「恋をすると綺麗になる」。「隠すことの安心感」や「詐欺写真」といったある種の「嘘」の表現ではなく、自分の中にあるカッコ良く・可愛く見せたいという理想像を身近な恋の対象として強く意識することで世界は変わる。

自分の意見を表明する

自分の意見を表明する

仕事ができる人への第一歩は「そんなこと聞いていない」というレベルの「言われたことしかできない人」からの脱却。そして、単なる「好き嫌い」のレベルではなく「自分の考え」を表現できることがリーダーへの第一歩。 もちろん、自己中心的ではなく客観的視野もポイント。 #HappyClover