「肌で感じる」ことの大切さ | #HappyClover~小さな幸せ&気付くことの幸せ

「肌で感じる」ことの大切さ

人は見た目? ~ 香りの力の活用術

貴船神社

母性本能~「デキる男」と「ダメ男」

Kousanji Choujuu-Giga☆世界文化遺産 高山寺 鳥獣人物戯画



#HappyClover27


「男なんて〇〇よ!」

「女なんて〇〇さ!」

〇〇には色々な言葉があてはまると思いますが、

人に対することに限らず、この種のセルフはよく聞くような気がします。

一般論的に考えれば正しい場合も多々あるとは思いますが、

すべてを単純に処理するのは良くないと思いますし、

こういった種類のセリフを口にする人ほど、

実際にはまるでそのことをよくわかっていない場合も多いような…


気を付けなければならないと思うのは、人に対してにしろ、ものに対してにしろ、

「人間の感情」が加わった情報には注意が必要。

たとえば…

「すごく怖い・変わった人だよ…」といった話を聞いていても、

実際に会ってみるとそんな風には全然感じなかった…

映画なんかもそう。

「もうひとつだったよ…」といった話を聞いていても、

実際に見てみると心にすごく響いてくるものだった…


情報発信者にとっては嘘偽りのない事実であったとしても、

人それぞれに捉え方が異なるのも事実であり、

そういった情報に基づいて先入観に捉われないことが大切。

変に身構えずにあくまで「参考情報」程度にとどめて、

「自分の肌で直接感じて自分の頭で判断する」

あらゆる場面でこの姿勢が基本。
食わず嫌いにならず、

好奇心を促進することで世界が広がり、

想定外の素晴らしい出逢いが訪れることも♪

「自分」というものの構築にも自然とつながるように思います。


ちなみに… 話は全然変わりますが…

仮に「裁判員裁判」の裁判員に選ばれることがあれば、

正にこの「先入観に捉われない~肌で感じる」という姿勢が最重要ではないかと思います☆

「好き嫌い」と「価値観」の混同
同じ答えが得られるAとBの2つの方法~本質的にはどちらでも同じであり、その選択は単に好き嫌い。どうしても譲れない価値観ではない。そして好き嫌いに基づいての行動は、未知の潜在能力発見含め、新たな素敵な出逢いのチャンスを自分から拒否してしまっているのと同じ…
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

Thanks a lot for your share/RT/拡散 in advance ☆

当たると評判 ☆ Twitterで性格分析
雪の銀閣寺 Snow Ginkaku
ランニングがもたらす玉の輿
鞍馬~貴船