「肌で感じる」ことの大切さ | #HappyClover~小さな幸せ&気付くことの幸せ

「肌で感じる」ことの大切さ

Instagram Wide
Arashiyama Path of Bamboo☆嵐山 竹林の小径
1年後に体重12kg減なら嬉しくないですか?
京都の紅葉2016&御朱印


#HappyClover27


「男なんて〇〇よ!」

「女なんて〇〇さ!」

〇〇には色々な言葉があてはまると思いますが、

人に対することに限らず、この種のセルフはよく聞くような気がします。

一般論的に考えれば正しい場合も多々あるとは思いますが、

すべてを単純に処理するのは良くないと思いますし、

こういった種類のセリフを口にする人ほど、

実際にはまるでそのことをよくわかっていない場合も多いような…


気を付けなければならないと思うのは、人に対してにしろ、ものに対してにしろ、

「人間の感情」が加わった情報には注意が必要。

たとえば…

「すごく怖い・変わった人だよ…」といった話を聞いていても、

実際に会ってみるとそんな風には全然感じなかった…

映画なんかもそう。

「もうひとつだったよ…」といった話を聞いていても、

実際に見てみると心にすごく響いてくるものだった…


情報発信者にとっては嘘偽りのない事実であったとしても、

人それぞれに捉え方が異なるのも事実であり、

そういった情報に基づいて先入観に捉われないことが大切。

変に身構えずにあくまで「参考情報」程度にとどめて、

「自分の肌で直接感じて自分の頭で判断する」

あらゆる場面でこの姿勢が基本。
食わず嫌いにならず、

好奇心を促進することで世界が広がり、

想定外の素晴らしい出逢いが訪れることも♪

「自分」というものの構築にも自然とつながるように思います。


ちなみに… 話は全然変わりますが…

仮に「裁判員裁判」の裁判員に選ばれることがあれば、

正にこの「先入観に捉われない~肌で感じる」という姿勢が最重要ではないかと思います☆

「好き嫌い」と「価値観」の混同
「本当に好きなもの」 そういった出逢いの確率を上げるためには、 そういった出逢いを見逃さないようにするた...

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

Thanks a lot for your share/RT/拡散 in advance ☆

I'm very happy for your follow/bookmark/いいね etc ☆

お洒落に活躍 ☆ 箸袋で箸置き
稲荷祭 稲荷山 伏見稲荷大社
2番目に高い山&星の数ほど女はいる?
南禅寺スペシャル