人生/LIFE | #HappyClover~小さな幸せ&気付くことの幸せ - Part 4

人生/LIFE一覧

ときめく理由~独自性・独創性とは…

大切に思う人が幸せを感じることができれば、自分自身も幸せに感じるはず。すなわち、自分の幸せではなく相手の幸せに重きを置くことで、お互いが同時に幸せを感じる理想形を実現できるということ。人生における自分の「存在価値」や「生きている意味」にもつながる要素。

「大胆」と「開き直り」の違い

「開き直り」とは言わばヤケクソ。成功したとしても「たまたま・結果オーライ」。それに対して 「大胆」とは、無茶ではなく、緻密な計算の裏打ちに基づく確信的な行動。周りにはリスキーに見えても、やるべきことをちゃんとやっているので自然と良い結果が導かれてくる。

イザという時に頼りになる人

「イザという時に頼りになる人」になるためには… 普段からマニュアルに書いてあること・指示されたことをやり遂げるだけで満足感を得ているような思考回路からの脱却。内容的にもスピード的にも変わるだけでなく、やる気・楽しさといった部分にも良い影響があるはず☆

前に進むには…

「前に進むには前を向かないとつまずくので前向きに頑張ります(*^^*)」心に強く残る言葉は概して短いものが多いような… 短い方が覚えやすいのもあるが、無駄を省きながら本質を突いているのが要因。そして「平凡なようで平凡でないもの」に気付きという衝撃がある。

「一期一会」という言葉

「よく今度生まれ変わったらって言うけれど、私は今度生まれ変わる予定はありません。最初で最後を生きている…」 一期一会とは…大袈裟に言えば「明日死ぬかもしれない」と思って生きること。後悔を避けることにもつながる思考方法で「いつやるの? 今でしょ!」も同様。

「共感」の2つのパターン

「共感」には2つのパターンがある。1つは、自分が既に持つ感性と同一のものに出逢う。もう1つは、自分には無かった感性で「なるほど!」と感じるものに出逢う。後者には特に強い刺激を感じる。なぜなら、視野・世界が広がり、更なる成長のチャンスが訪れた瞬間だから…

人は見た目? 見た目じゃない?

人は見た目? 見た目じゃない? どちらも正しいような… 容姿は天賦の才能の1つだが磨かなければ宝の持ち腐れ… 清潔感などは自分次第で何とでもできて容姿以上に影響力があるような… 見た目じゃないということは中身。自分なりの色に染めた「世界にひとつだけの花」

才能よりも大切なもの

基本的に頭の良し悪しは関係ない。たとえば、教えてもらっての吸収も大切だが、自発的に知識・経験を増強する姿勢はもっと大切。これをやっている人とやっていない人とでは差が開くばかり… 才能は天から授かるもの。努力は才能の乏しさをカバーしてくれるもので自分次第。

涙の不思議~随意的と不随意的

「雨が咲かせた花がある 涙が咲かせた笑顔もある」 涙を流すのは悲しい時だけじゃない。たとえ悲しみの涙が発生しても、逃げずに自分の血となり骨となりにすることで、感性豊かな深みのある人間を形成してくれる。そして笑顔で喜びの涙が自然と流れる時にきっとつながる!

「慣れる」ことの危険性

「慣れる」ことは「環境への適応・熟練度の上昇」という観点において非常に重要。しかしながら「緊張感の欠如=惰性」など両刃の剣の側面もあり要注意。キーワードは「自信」と「慢心」の取り違え。「独善的」にならず、「疑問の目・聞く耳」を持って「向上心」を忘れずに…