仕事/Way of Working | #HappyClover~小さな幸せ&気付くことの幸せ - Part 3

仕事/Way of Working一覧

先を読む~落し所を見極める

行動を起こす際、「達成すべき落し所はどこか?」を頭に置いていないと成果を上げるのは困難。仮に成功したとしても単にそれは結果オーライであり、「この球を投げればどういう球が返ってくるか?」を想定して積極的に落とし所へと導く球を自分から投げることが成功への鍵。

任せると丸投げ~暇な上司ほど優秀!?

「暇な上司ほど優秀」それは部下を上手く管理・指導・教育しているから。上司の役目は部下が働きやすい環境の創出。時には「壁」になり、時には「壁」を乗り越えるサポートをしたり。それさえできていれば、あとはすべて部下ができるはずだし、やらせることに意味がある。

褒められて or 怒られて伸びるタイプ?

褒められて伸びるタイプ・怒られて伸びるタイプとよく言われるが、単純に考えて、褒められて嬉しくない人はいないのでは? だから… 相手の短所ではなく長所を見て素直に表現してあげることにより、タイプを問わず全ての人にポジティブな刺激を生み出してくれるはず。

「前例がない」ということは…

「前例が無い…」と実行に移さない… 過去に誰もやっていないのであれば唯一無二の存在で大チャンスのはずなのに… 守りだけを考えていては現状維持ができてベスト。攻めを考えなければ成長はない。「変えようがない」と感じる点にこそ再注目。それがオンリーワンへの道…

仕事ができるとは…

「仕事ができる」とは… 言われたことをクリアするのは当然であり最低限のこと。それさえできなければ話にならない… だからポイントは「言われていない・聞いていない」といったレベルの思考回路からの脱却。視野を広げて、先を読んで、知恵を絞って、疑問の目も持って…

時間は作るもの

人それぞれに天から授かっているものが異なる中、時間は全ての人に平等に与えられている唯一のもの。如何に上手く活用出来るかは自分次第! 「忙しい…」というセリフは要領が悪いと自分で言っているのと同じ… 林先生の「いつやるの? 今でしょ!」も本質的に同じこと。