「反論」の取り扱い方法 | #HappyClover~小さな幸せ&気付くことの幸せ

「反論」の取り扱い方法

「すっぴん」に対する男性心理
雪の金閣寺 Snow Kinkaku
「私と仕事とどっちが大事?」
京都の絶景まとめ


「反論」の取り扱い方法


自分とは異なる意見を投げ掛けられた時、

その時の反応で「人間の大きさ」がわかるような…

たとえば、

単純に敵対心をむき出しにするようでは「小さな人間」と見えてしまうような…

上司・年長者の発言に対して単純に同調するのも…


想定内の反論であったなら…

その反論に対応した形で自分の考えをもう一度説明するということも考えられますが、

相手の考えに特に大きな問題がないようであれば、

相手の考えを尊重する形も考えられると思います。

「好き嫌い」と「価値観」の混同
「本当に好きなもの」 そういった出逢いの確率を上げるためには、 そういった出逢いを見逃さないようにするた...


想定外の反論であったなら…

見えていなかったものが見えて、

視野が広がる新しい出逢いとも言えるわけで、

まずは真摯に、

その意見に対して「自分なりに考えてみる~消化する」という姿勢が大切だと思います。
 
実際、「反論」というものには、

その性質から理論的に考えても、

気付き・ヒントなど学ぶべき・参考になる点が含まれている場合が多いように思います。

たとえば、

自分の考えの中で「弱点」と感じていた部分の改善のきっかけとなったり…

全く別の視点・観点から「より良いもの」が生まれるきっかけとなったり…
 
だから、

カッコつけるわけではなく、

私はある意味いつも「反論」を投げ返されることを期待しているところが…

そして正にこれが、

「聞く耳を持つ」という私がよく使う言葉の根底を形成している部分。


さらに言えば…

単純に盗む・真似るという作業でも効果大だと思いますが、

「自分なりに創意工夫を加える」という意識も持ち合わせることで、

さらなる発展につながると思います。

ときめく理由~独自性・独創性とは…
共感とともに強い刺激を受けた言葉として… 「人がときめく、理由になりたい。」 「ひとと違う、という価値。...


なお…

相手の反論が受け入れられない内容ならば「反論に対する反論」を行う形になりますが、

それは「喧嘩をする」という意味合いではなく、

これも上に述べたように「より良いもの」を生み出すための作業の1つ☆

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

Thanks a lot for your share/RT/拡散 in advance ☆

I'm very happy for your follow/bookmark/いいね etc ☆

Instagram Wide
稲荷祭 稲荷山 伏見稲荷大社
「優しい」の反対語は…
南禅寺スペシャル