「自分の言葉」で語る人 | #HappyClover~小さな幸せ&気付くことの幸せ

「自分の言葉」で語る人

当たると評判 ☆ Twitterで性格分析

祇園白川巽橋

見た目年齢を若く保つ秘訣とは…

京都の紅葉2016&御朱印



「自分の言葉」で語る人


「人の惹きつけ方」にも色々あると思います。

  • 人間心理に訴えかける話術
  • 視覚刺激や芳香など本能へ訴えかける材料の利用

などなど…

これらを否定しませんし、

むしろ上手く活用すべきだと思いますが、

話をしていて強く惹きつけられると感じるのは「自分の言葉」で語る人かなと思います。


たとえば…

カタログに記載されているのと同じ言葉で表現されても、

全然気持ちは伝わってこない…

すなわち、

悪い意味でのキーワードは「表面的」ということ。

それに対して「自分の言葉」で語るとは…

キーワードは「自分を素直に表現」すること。

だから…

天賦の才能を必要とするものでもない。

カッコ良く感じる気の利いた言葉を使う必要もない。


もちろん、

その表現する中身が伴っていなければ「自分の言葉」で語ることはできない…

と言っても、

別に難しく考える必要はなく、

「自分の肌で感じて自分なりに消化する」

それだけ。

商品の売り込みであれば、

その商品を自分の肌で感じて自分なりに消化することなしに、

気持ちのこもった説得力ある説明を出来るはずがないということ。

どこかで聞いたことのあるような言葉を表面的に投げ掛けられても、

刺激を感じることは当然なく、

「自分の言葉」で語ってくれることにより、

正に言葉の通り、

気持ちが伝わってくるとともに、

その人自身のことも理解できるように思います。


話を広げると…

自分の中で消化済みだから、

仮に何か質問を受けても同じく「自分の言葉」で即答できる。

すなわち、

気持ちのこもった「言葉のキャッチボール」が可能になるということ☆

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

Thanks a lot for your share/RT/拡散 in advance ☆

祇園の超人気有名スポット「巽橋」
建仁寺
たるむのはお尻だけじゃなく声も…
京都の紅葉2016&御朱印