「2番目に好きな人」 | #HappyClover~小さな幸せ&気付くことの幸せ

「2番目に好きな人」


複数女性から「結婚するなら2番目に好きな人がいいって言うね」と聞いたことがありますが、これは女性特有の感性なのか… 少なくとも、男の私自身にはこの感性はないように思います。よくはわかりませんが、女性は過去に付き合った男性に順番を付けているところがある?


好みの俳優さんが結婚というニュースが流れた際も、ショックを受ける女性が多い雰囲気ですが、「一番好きだった男性が最近結婚したと聞いて大ショック…」といった言葉を聞くと、なんとなく「女性は二人の男性を同時に愛せない」と矛盾するような気も…


女性は現実的なところがあるので、

1番好きな人

「恋」そのものを楽しむのに最適な人

2番目に好きな人

一緒に家庭を築いていくのに最適な人
 
こんな感じなのだろうか…

頭の中を整理する~区切りをつけるために無理矢理そう考えようとしているのだろうか…


男の感性というか、私の感性では、

結婚を意識する人を「1番好きな人」と強く思い込ませて欲しいような…

その他の人はすべて「友人」というカテゴリーにして…


ひょっとしたら関連すると思われるのは…

あくまで一般論ですが、

「女は総合的な平均点で男を選ぶ」

それに対して、

「男は1つでもすごく魅力的な何かを持つ女に惹かれる」


ちなみに、主題とは関係ないですが、「吊り橋理論」という学説が存在します。揺れる吊り橋の上で恐怖・緊張状態を共有したことにより親近感が生まれ、それを「恋のドキドキ感」として錯覚してしまうというもの。これはビビッといった直感的なものではなく、所詮は勘違いであり、この効果で結ばれたカップルは長続きしないというデータもあるようです…





Thanks a lot for your share/RT/拡散 in advance ☆